生命保険の比較をパソコンで

生命保険の会社、そして種類があふれるほど多くなっている現在では、生命保険の選び方に誰もが頭を悩ませています。まずは、生命保険に何を求めて加入するかを今一度考え直さなければなりません。病気になったときの保障が欲しいという人はどれくらいの保障が必要かなどです。
一生を通じて掛け金が変わらない生命保険の選び方もあります。アメリカンホームダイレクトの生命保険がそうです。保険の掛け金は年齢と共に増えていくのが一般的です。なぜなら、病気などになる確率は、年齢が上がるにしたがって増えるからです。少しでも若いうちに加入すると掛け金が安くなります。
生命保険の選び方をパソコンの比較サイトに求める時には、その会社の資料も請求できます。そして、それでも決められない場合には、生命保険のファイナンシャルプランナーのサイトを探してみることも大切です。もともとは相談するのは有料ですが、一般的な保険選びのポイントはサイトから入手できます。
保険ファイナンシャルプランナーの一般的な生命保険の選び方に関する意見は、生命保険の掛け金はだいたい60歳か65歳までには払い込みが終わるような設定が望ましいとしています。
高齢になると、年金生活になり、保険に支払う余裕がなくなるので、それまでに終身保険の払い込み完了を勧めています。


RSS関連リンク
転換と保険見直しの関係とは
転換とはこれまで契約していた保険を下取りしてもらい、その下取り金で新しい生命保険に加入するということです。 下取り金がありますから、その分、新しい保険に入る為の金額は少なくなり、 一見、安く保険に入れると勘違いする人が多いのです。 ...

保険の比較をするなら、読売ウィークリーでも紹介された「保険マンモス」
わかりづらい生命保険のしくみ。保険会社専属ではない中立で公正な保険マンモスのFPだからできる保険相談。 保険会社はなにも一社に絞ることはありません。現在の家計の状況やこれからの方針によって各保険会社のいいとこどりで設計いたします。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4331952