生命保険の積立と保障

生命保険の選び方は、生命保険の種類も増えますます難しくなっています。加入者に選ばれた会社は、まず生命保険に入るきっかけを与えた会社だといえます。その昔は、生命保険の外交員が保険の加入を勧めるために各家庭を訪問していました。その中で、人と人のふれあいの中から保険の加入者が生まれました。
一生を通じて掛け金が変わらない生命保険の選び方もあります。アメリカンホームダイレクトの生命保険がそうです。保険の掛け金は年齢と共に増えていくのが一般的です。なぜなら、病気などになる確率は、年齢が上がるにしたがって増えるからです。少しでも若いうちに加入すると掛け金が安くなります。
生命保険を途中で解約することはとても損をすることになります。生命保険は続けてこそ保障が受けられるようになっていますから、今まで積み立てた掛け金はまったくといいほど返ってきません。そのため、生命保険の選び方を間違えないようじっくり検討することが大切です。
保険ファイナンシャルプランナーの一般的な生命保険の選び方に関する意見は、生命保険の掛け金はだいたい60歳か65歳までには払い込みが終わるような設定が望ましいとしています。
高齢になると、年金生活になり、保険に支払う余裕がなくなるので、それまでに終身保険の払い込み完了を勧めています。


RSS関連リンク
キャッシングと団体信用生命保険
債務者に対して主債務者の財産に執行をするよう請求する権利(検索の抗弁権=民法453条)がある。 これに対し、連帯保証人については、こうした権利は認められていない。 →連帯保証人→団体信用生命保険 団体信用生命保険(group life insurance for credit) ...

生命保険は悲惨なギャンブルではない
このたび、彼が書いた「生命保険は悲惨なギャンブル〜ヤクザのばくち場は一番公平?」というエッセーが、ウェブ上で話題になっている(書かれた直後に、本ブログのコメント欄にもご本人から紹介の書き込みがありました)。それは、皆が何となく感じていた ...
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4331980