会社ごとの生命保険モデルプラン

生命保険に加入しようと考えている人には、いろいろな生命保険の選び方を考えたプラン表が作成してもらえます。今まではそれほどでもなかったのですが、ここ最近生命保険の広告が増え続けています。これには、団塊の世代の人たちが定年退職をし、第二の人生を考える時代になってきたことがあげられます。こういった人たちの生命保険の選び方は、まず掛け金が安く、高齢者でも入れる生命保険を見つけることです。
会社ごとに違いはありますが、60歳までにどれだけの保障が必要か、また60歳を過ぎてから医療保障がどれだけ必要か、死亡金はどれくらいかを考えたモデルプラン表です。
生命保険は、いったん病気になると次年度から加入できない仕組みになっていました。けれども最近では、生命保険の選び方によっては、ある特定の病気以外なら加入できる生命保険もあります。これらは、社会の高齢化に向けた保険設定と言えるでしょう。高齢の人でも加入できる生命保険があります。
いろいろな生命保険会社の商品を確かめた後、生命保険の選び方を検討し、最後に全労災や国民共済また郵便局の生命保険なども比較検討することが大切です。
保障に重点を置くのか、掛け金に重点を置くのかをはっきりと決めて保険選びをするのがベストな選び方だと言えるでしょう。


RSS関連リンク
生命保険
生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により所定の条件のもと、死亡した場合などにおいて保険金を受取人に支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略される。 ...

とある金曜日
7時 最近話題になっているこの方とブレックファーストミーティング。マンダリンオリエンタルに滞在だが、自転車通勤の都合でパークハイアット東京まで来て頂きました。次回の「投資ファンドは眠らない」(5月ははじめての原稿なし)のネタにさせて頂 ...
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4331996