生命保険で60歳になってからの保障

高齢化社会が進んでいるのを実感できる理由の一つとしていろんな現象が見られるのですが、ここ最近生命保険の広告が増え続けています。これには、団塊の世代の人たちが定年退職をし、第二の人生を考える時代になってきたことがあげられます。こういった人たちの生命保険の選び方は、まず掛け金が安く、高齢者でも入れる生命保険を見つけることです。
60歳になってからの保障が充実している生命保険の選び方に、アリコジャパンの生命保険を選ぶ方法があります。けれども、ある程度の保障をつけると保険金額が月1万円ほどになり解約金はありません。保険の掛け金は、生涯支払い続けられる金額を加入時によく考えておくべきです。
生命保険の選び方の中で、一番簡単な方法は、パソコンの生命保険比較サイトから選ぶことです。そして、自分が保険に一番求めているのは何か、けがや病気になった時の保険か、それとも介護保険か、または年金保険かといったことを明確にして選ばなくてはよけいにややこしくなってしまいます。
保険ファイナンシャルプランナーによっても意見は違うかもしれませんが、一般的に生命保険の選び方で提案していることは国民共済や、全労災のような営利目的ではない保険を選ぶことです。そして、アメリカンホームダイレクトのような生涯保険の掛け金が変わらない保険の魅力も提唱しています。


RSS関連リンク
生命保険の選び方
大同生命保険について 大同生命保険は、日本の生命保険会社です。 ちなみに、沖縄県の大同火災海上保険とは資本関係などはありません。 種類 株式会社 略称 大同生命 本社所在地 550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀一丁目2番1号 電話番号 (06)6447-6111 . ...

香港 『NNI』(生命保険・医療保険・ファンド) 金鐘
NNI 顧客のニーズに合わせて、商品を紹介販売する会社だ。今加入している生命保険やガン保険などの明細を提示すれば、香港で販売されているより有利な生命保険や医療保険などの紹介・加入手続き保険金の受け取りまですべてを日本語でサポートしてくれる。 ...
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4332003