生命保険の種類カテゴリの記事一覧

生命保険の積立と保障

生命保険の選び方は、生命保険の種類も増えますます難しくなっています。加入者に選ばれた会社は、まず生命保険に入るきっかけを与えた会社だといえます。その昔は、生命保険の外交員が保険の加入を勧めるために各家庭を訪問していました。その中で、人と人のふれあいの中から保険の加入者が生まれました。
一生を通じて掛け金が変わらない生命保険の選び方もあります。アメリカンホームダイレクトの生命保険がそうです。保険の掛け金は年齢と共に増えていくのが一般的です。なぜなら、病気などになる確率は、年齢が上がるにしたがって増えるからです。少しでも若いうちに加入すると掛け金が安くなります。
生命保険を途中で解約することはとても損をすることになります。生命保険は続けてこそ保障が受けられるようになっていますから、今まで積み立てた掛け金はまったくといいほど返ってきません。そのため、生命保険の選び方を間違えないようじっくり検討することが大切です。
保険ファイナンシャルプランナーの一般的な生命保険の選び方に関する意見は、生命保険の掛け金はだいたい60歳か65歳までには払い込みが終わるような設定が望ましいとしています。
続きを読む

生命保険の種類

今まではそれほどでもなかったのですが、ここ最近生命保険の広告が増え続けています。これには、団塊の世代の人たちが定年退職をし、第二の人生を考える時代になってきたことがあげられます。こういった人たちの生命保険の選び方は、まず掛け金が安く、高齢者でも入れる生命保険を見つけることです。
生命保険に加入しようと考えている人には、いろいろな生命保険の選び方を考えたプラン表が作成してもらえます。会社ごとに違いはありますが、60歳までにどれだけの保障が必要か、また60歳を過ぎてから医療保障がどれだけ必要か、死亡金はどれくらいかを考えたモデルプラン表です。
生命保険の種類はますます多くなり、どの保険の種類にするかといった選び方が大切になってきました。死亡保険といわれるものには、終身保険、定期保険、養老保険があります。このほか、医療保険、介護保険、個人年金、子供保険があります。介護保険は、他の保険に付加して加入する方法がよくとられます。
女性の生命保険の選び方として、女性特有の病気を保障する生命保険を選ぶのが良いとされています。
続きを読む